Language Select : Chinese
     

三星堆博物館は中国重点文物保護単位である三星堆遺跡の東北角にあり、所在地は歴史文化名城である四川省広漢市西の「鴨子河(yazihe)」の辺りにあり、南に四川省省都である成都まで約四十キロで、中国では現代化的で専門性を持つ遺跡博物館である。
本博物館は一九九二年八月に築き始め、一九九七年十月に築き上げられて対外開放したのである。本博物館は面積が五三○畝で、その中の展覧館の面積が一一○○○平方メートルである。本博物館は文物の収集と保護・陳列展示・学術研究・社会教育などの働きを一体として、三星堆遺跡に出てきた古蜀地方特色を極めて富んでいる貴重的な文物を集中的に収集して展示しておる。
三星堆文物は貴重的な人類文化遺産であり、中国での煙の立ちこめた大海の如く広広として多種多様で盛観を呈する文物群の中で、最も歴史科学文化芸術価値を持って最も観賞価値を富む文物群の一つである。これらの古蜀の秘宝の中には、奇怪な様相を呈していて奇怪にしてはかり難い青銅の造型が多くあり、高さが2.62メートルも達する大立人像もあり、横が1.38メートルも達する青銅の縦目のマスクもあり、また、高さが3.95メートルも達する青銅神樹などもある。これらは唯一無二の神技の作品ということができる。そして、輝かしい彩で色彩が溢れる金杖を代表する金器、図案がいっぱいに飾られた辺璋を代表する玉石器なども従来見ることのない稀な文物である。
「古城古国古蜀文化陳列」は本博物館の基本的な陳列である。陳列の面においては、各種の現代化的な表現技巧を十分に運用して、心を持って空間を組み合わせることを通して、文物の内包を深く掘り起こしており、陳列内容の科学化と陳列形式の芸術化を完璧に結びつけることを追求しておる。本陳列は光栄にも「初めの全国文物博物館系統十大陳列展覧」で精品賞を獲得したのである。
本博物館は主な建物の外観が地形、歴史遺跡及び文物造型技術と結びつける持ち味を追及しており、原始の趣と現代的な息吹きを一体しておる。本博物館外の環境配置が巧妙で人一倍よく工夫を凝らしておる。博物館の庭には、草が青くて、湖面がきらきらと光って、造り島が倒影していることなどが「館」と「園」を結びつけるという特色を十分に現しておる。

三星堆博物館は、その文物・建築・陳列・庭園芸術という四つの特色を持って、国内外で有名な文化旅行聖地となって、四川省が世界に押し出した三大国際旅行精品の一つとなって、最も早く中国国家“四つのA”(つまり“AAAA”)レベルの観光地となって、全国科技教育基地となったのである。2003年、本博物館は「グリーン環球21」世界旅行旅遊業持続発展のできる標準とISO9000質量管理体系標準という二つの認定にパスして、アジア・太平洋地区で二つの認定にパスしたのは本博物館が第一となったのである。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Sanxingdui Museum

Address:Sanxingdui Historic Relics 618300,Guanghan Sichuan China
Tel Exchange:0838-6665599
Tel:0838-5500349/Fax:0838-5500349